自動ロスカットで大損する事はほぼ無くなる?

FXではロスカットが標準装備されているところが多いですが、それは楽天FXも同様です。
楽天FXでは独自のロスカットルールを用意していて、これによって安心して利用することができる反面、いざという時にロスカットが生じて思っていた利益に到達することができなかったというケースも考えられるため、きちんと確認しておくようにしましょう。

 

ロスカットというのは、レバレッジをかけた取引などで相場が急激に動いた時、大きな損失が生まれた際にその損失をある程度の額で抑えるために利用されるルールのことを言います。
例えば、レバレッジによって必要証拠金以上の損失が出てしまった場合は、損失分をさらに追加しなくてはなりません。
しかしロスカットが適用されれば、必要証拠金以上の損失が生まれることはないため、後から料金を請求されるといった心配がなくなります。

 

楽天FXのロスカットライン(ロスカットが適用されるラインのこと)は、必要証拠金の50%以下になった場合だとされています。
必要証拠金の50%以下になった場合すべての未決済建玉が自動的に決済されるようになっています。
※コースや水準毎に異なります

 

ロスカットというのは、建玉証拠金の50%を保証するものではありません。ですので、値動きが予想以上に激しくなったときなどではロスカットの基準以上に損失が大きくなる場合もあるので注意が必要となります。

 

楽天FXで用意されている取引ツールなどでは、ロスカット前のアラート通知機能などが用意されていて、これらが登録しているメールアドレスに通知してくれるため、ロスカット通知を受けるためにも、きちんと設定しておくようにしておきましょう。

楽天FX

新しく生まれ変わった新楽天FXで快適FXを!

主要ネット証券の中で取引金額が堂々の第一位を達成!
魅惑の低スプレッド!米ドル円は0.3銭原則固定です!
通貨ペア数も豊富!取引単位は1,000通貨からと使いやすいです!


公式サイトへ


  • えがおのブルーベリー